クラスの特徴

本格的なハワイ式レッスン

クム・ケリイが教えるクラスは、フラクラス、文化講座、どれをとっても、全て、彼自身が幼少の頃から学び、培ってきた知識を提供した内容です。

それは、内容だけではなく、教え方ひとつとっても同じです。
クム・ケリイは日本でハワイ文化やフラを学ぶ人々を見て、こう言います。

「日本の人々は、いつも必死にノートを取ったり、ビデオで復習したり、記録したものを手元に持って学ぶことが当たり前になっている。僕が歩き始めた頃から11歳でマスターとして認定されるまで、さらにそれ以降、多くのクムフラの元で学びを得ている間、一度たりともノートに歌詞を書いたり、覚えるために書き写したりすることはできなかった。それは古代ハワイから継承される教え方ではないから。フラの振り付けやチャンティング、身のこなしに関しても、鏡を使って教えられたことは一度もなかった。代わりに、忘れられなくなるまで、何度も何度も練習をして、繰り返し繰り返し踊り、歌い、脳内に全てを記憶、記録してゆくことで、全てを覚えてきた。」

 

「肉体や脳の働きは年齢と共に、自然に衰えていく部分はもちろんあるけれど、訓練することによって筋肉を維持し、記憶力や思考能力を明晰に保っておくことが可能です。便利な世の中になり、書き言葉という記憶ツールで覚えていく、という方法を否定するわけではないけれど、それにばかり頼りすぎてしまっていると、何かを記憶するために脳を使う、ということがどんどん少なくなり、衰えるスピードが早くなっていきます。筋肉も使わなければ、どんどん老化していくのと同じです。

 

ですから、僕のレッスンでは、事前に十分な資料を提供する、ということは、必要最低限に留めています。多くの場合、もっと事前に資料が欲しい、と言った声や、レッスンで見せてくれた写真などを提供して欲しい、という声も聞きますが、皆さんには、自分で調べる、ということ、さらには、与えられることに慣れすぎずに、自らが貪欲に求めていく、という姿勢でレッスンを受けて欲しいと願っています。それが、僕自身が、学んできた方法だから。」

 

こうしたレッスン提供の方法は、ある意味、サービスが行き届いていないレッスン、と取られる部分もあるかもしれません。
しかし、私たちカウルコアは、日本にいながらにして、古代ハワイから継承されてきた教えを、古代ハワイから教えられてきた方法にできるだけ近い形で教えることによって、ただ知識を増やしていくだけではなく、文化そのものをクラスで体験して欲しいと願っています。
厳しい部分もあるかもしれませんが、これが古代ハワイの学びであり、ハワイ文化、ハワイの人々を心で理解してゆく一番の近道である、と考えています。

本気で、
ハワイ文化、フラ、ハワイの歴史、ハワイの人々、ハワイの音楽を
体験、体現したい、

そんな人たちのために、クム・ケリイはここ日本で活動を展開しています。

古代から継承されたハワイ文化、ハワイ語

クム・ケリイの家系は、カラーカウア王政時代以前にまでさかのぼります。カラーカウア王政時代には、宮殿で開催される催しやパーティーにも参加していました。

つまり、その当時、作られた曲の背景、カラーカウアやリリウオカラニなどが作った曲、その経緯などが、当時、宮廷に出入りしていた家族の記録に残されており、それら全てを、クム・ケリイは情報として記憶しています。

クムの記憶情報量は、とてつもなく膨大で、カラウコア家の200年以上に及ぶ家系図の全てを記憶するだけではなく、100以上のメレ、40以上のカヒコを全て、脳内に記憶。ノートを取り、鏡を見てフラを学ぶ、ということを一切行わない教育を受けてきたからこその、天才的な記憶力を持っているとも言えるでしょう。

これら、古代から継承されてきた、当時のハワイ文化、ハワイがハワイ国であった時代背景、歴史を、生きた情報として記憶しているからこそ、そこには、本にも書かれていない真実のハワイの歴史が存在しています。

日本の人々に、正しくハワイを理解するきっかけになって欲しいと願い、クムのレッスンでは、こうした濃厚な内容を惜しみなく提供しています。

眼から鱗のハワイの真実を知りたい方には、古代ハワイの生き字引、とも言われるクムから発信される情報は、まさに宝の宝庫です。