プロフィール

Keliʻi Kalaukoa Masao Grothmann
ケリイ・カラウコア・マサオ・グロッスマン

若くして流暢なハワイ語を話すだけではなく、ハワイ国時代から代々受け継がれてきた
ハワイの叡智、文化、ライフスタイル、家族の在り方、言語、フラ・・・
古代ハワイの生き字引とも言われる類稀なるハワイ文化伝統継承者。

太陽降り注ぐマウイ島ワイルクで生まれ、ハワイ島コハラの緑豊かな丘で育ったケリイは、カラウコア家の神聖なフラとカフナの伝統を継承する一家で育ちました。ケリイの母親の曽祖母、マーガレット・カラウコア、マーガレットのクムフラ、リキ・エケラ、カイリホオナ、そして宮廷舞踏家でありクイーン・エマとカメハメハ4世のチャンターであったカウハイ・リクアに繋がる古代からの血統で、その歴史はカメハメハ時代よりさらに前の時代まで遡ります。

写真(左)母親の曽祖父マーガレット・カラウコア(写真の右端) 
(右)ホテルで演奏するカラウコアファミリー、プールサイド一番左端がクム・ケリイの母親

カラウコア家は、ハワイ島の王族の一つとして存在してきました。最初のカラウコアは、カメハメハの父のいとこでした。カラウコア家は、カメハメハ3世を育てる責任者としても従事し、その当時の家族は、ハワイの秘伝伝統を仕切っていたHale Nauā  という古代ハワイのフリーメイソンのような協会のメンバーでした。 

ハワイ国の伝統、文化、歴史に深く根付いたカラウコア家に生まれたケリイは、彼がこの世に生を受ける前から、すでに、聖なるフラダンサーであり、代々継承される叡智を次世代、ならびに家族にハンドダウンしてゆく存在であると宣言された申し子として生まれました。ケリイの正式な鍛錬は、歩き始めた時にすでに始まり、11歳でhuʻelepo儀式を通過した時に全てを学び頂点に到達しました。それ以来、ケリイは公の場でフラを披露することを許可され、他のクム・フラから様々な学びを得る機会も可能になり、知識と技術をさらに広げていきました。

家系に代々伝承される伝統フラ以外に、Raylene Kawaiʻaeʻa(レイレーン・カヴァイアエア)、Rae Fonseca(レイ・フォンセカ)、Piʻilani Kaʻawaloa(ピイラニ・カアヴァロア)、 Kanakaʻole family(カナカオレ一家)、Kalena Silva(カレナ・シルバ)、Kekoa and Pele Harman(ケコア&ペレ・ハーマン)らの元でフラを継続的に学びました。
その結果、ケリイは2009年メリーモナークや、メリーモナーク50周年記念ホイケなどへの参加も果たします。
師事していたクム・フラからの多くの教えと知識を自らの肥やしとする一方で、家系に伝承されてきたスタイルも忘れることなく、自らもクム・フラとしてより成長を遂げてゆきます。

家族の長老たち、そしてラハイナ(マウイ島)、コハラ(ハワイ島)の長老たちからの支援と恩恵を受けて、ケリイはカメハメハスクールでフラを教え始めます。カメハメハスクールでは、一年を締めくくるホイケの振付担当の責任者として活躍しました。
2016年には、生徒や各インストラクター達とともに、フェスティバル・フリンジとして知られるスコットランドで開催されるイベントに参加、ハワイアン・オペラというまったく新しいパフォーマンスを初めて上演し、成功を収めます。この時のニュースは、ハワイアン航空の機内誌「Hana Hou」2017年6/7月号でも記事として取り上げられました。 (記事の日本語訳:ただいま準備中

2018年以降、クム・ケリイは日本を拠点として、自らに継承されるフラの秘伝の知識、ハワイ語、文化を多くの生徒達にシェアしています。日本でも日々、自らの作品を創出すると共に、日本各地のハーラウを指導し、ハーラウの日本国内におけるフラコンペティションを成功、優勝に導いてきました。また、ハワイツアーも実施し、自らが経験してきたハワイでのライフスタイルを経験したり、真のハワイを発見する機会を生徒たちに与えてきました。

クム・ケリイの教えは、温かいアロハの精神でシェアされる古代ハワイの深い知識を、学びを得る全ての人に与えます。

 経 歴

2009 カメハメハスクールハワイ卒業
2011-2013 カメハメハスクールのサマープログラムでハワイ文化インストラクターアシスタントに従事
2013 ハワイ大学ヒロ校・Ka Haka ʻUla o Keʻelikōlani Hawaiian College学士号を首席で卒業
2013-2014 Nā Wai Ola Hawaiian Charter School にて2年生のスクールインストラクターに従事
2015-2018 カメハメハスクールハワイ高校にてフラ・ハワイアンチャント・ハワイ音楽のインストラクターに従事